検索
  • parfumcalme

これが「老化現象!?」知っておきたい、たるみ、むくみの発生要因!



【“むくみ”はなぜ起こる?】

むくみやすいのは目のまわりとフェイスライン!



塩分や水分、アルコールを摂りすぎると、毛細血管から細胞と細胞の間に

水分がにじみ出て、むくみを引き起こします。



また、

血液は心臓から動脈を通って体のすみずみに運ばれ、

静脈を経て心臓に戻ります。



しかし、加齢により血液を心臓に戻すポンプ機能が弱まると

血液の流れが悪くなり、むくみやすくなるのです




特にむくみやすいのが目のまわり。

目元はヒフが薄く、骨のまわりに隙間があるため、ここに水分が

溜まってしまうのです。






【原因と対策】



1⃣血管の外に水分が出てしまう

(塩分・アルコールの摂りすぎ)



↓↓↓



・カリウムを摂る

・温冷タオルで血行促進

・湯船につかっての入浴




塩分には血管の中で水分を取り込む性質があるため、塩分の

多い食事やアルコールを飲むと、水分を溜め込んでむくみを

引き起こします



そんなときは、

尿と一緒に塩分を排出する作用があるカリウムを摂ると効果的。

すいかやバナナに多く含まれるので、朝食に取り入れてみましょう。







また、

朝起きたらむくんでいた、というときには、温冷タオルを交互に当てたり、

朝から湯船につかり、全身の血行を促すのもむくみ対策には有効です。








2⃣心臓のポンプ機能が弱まる

(動脈・静脈の力が弱まる)



↓↓↓



・筋肉をつけてめぐりのいい体へ




年齢が進むにつれ、心臓から送り出された血液を戻す

ポンプ昨日は弱まります。



すると、

血液の流れが悪くなり、足や手、顔といった、体の末端がむくみやすく

なってしまうのです。

男性に比べて筋肉量の少ない女性は、むくみやすいといわれています



運動不足の人はウォーキングなどを取り入れて、筋肉をつける努力を。





筋力が上がると全身にある筋肉の

ポンプ機能が働きだし、めぐりがよくなってむくみが改善されていきます

2回の閲覧