検索
  • parfumcalme

提携、美容皮膚科クリニックが【シミ】改善にはコレ!と唱える㊙美容成分をご紹介♡





☆プロセス2でブロックする

主な美白成分☆

(医薬部外品)




【チロシナーゼ】を抑制





◆ビタミンC誘導体

もっとも歴史がある美白成分であり、

安全性も高い

チロシナーゼを抑制する効果に加え、今あるメラニンに対して

還元作用を発揮し、黒色を淡色化する作用も。




◆アルブチン

ビタミンC同様、歴史は長い。コケモモに含まれる

ハイドロキノンに近い成分で安全性も◎

チロシンとチロシナーゼの結合を阻害し、メラニン生成を防ぐ。




◆コウジ酸

麹由来の成分。チロシナーゼの活性化に必要な銅イオンを奪い取る

作用で、メラニンの生成を抑制

歴史もあり、効果が高く、院内処方で用いられる場合も。




◆エラグ酸

いちごやラズベリーなどに含まれるポリフェノールの一種

コウジ酸同様、チロシナーゼから銅イオンを奪うことで、

メラニンの生成を抑える。




◆ルシノール

シベリアのモミの木に含まれる成分から開発。

チロシナーゼに素早く合体してはずれにくいため、チロシンを寄せつけず、

メラニン生成を抑制。




◆プラセンタエキス

豚や馬など動物の胎盤から抽出

チロシナーゼの抑制以外にも美白作用があるといわれ、不明な点も多い。

比較的安価で、プチプラ美白に多く使われている。




◆4MSK

サリチル酸の誘導体

チロシナーゼの活性抑制効果に加え、シミ部位に生じる慢性的な角化エラー

にも作用し、溜まったメラニンを排出する。






【チロシナーゼ】自体を分解




◆マグノリグナン

モクレン科ホオノキに含まれるポリフェノーをヒントに開発。

チロシナーゼが成熟するのを阻害して、メラニン生成に関与する量を減らす。




◆リノール酸S

紅花油由来の成分。チロシナーゼを分解することで、メラニンの生成を抑制。

さらにターンオーバーをサポートし、メラニンの排出を促す





6回の閲覧