知らない人は、もういない。紫外線と日焼け止めの真実。



Q.

冬でも日焼け止めは必要??



















A.

もはや当然ですが




絶対、必要です!!





















みなさん


紫外線には


種類があることをご存知ですか??





地上に到達する紫外線には







波長の長さによって

『UVA』『UVB』


の2種類に分けられます。


(まだ日本には降り注ぐことはないですがUVCも存在します。)





なかでも【UVA】



あまり季節に左右されず

冬も注意が必要です!!






シワたるみの原因になるUVAは

恐ろしいことに冬も降り注いでいます










反対に


波長の短い【UVB】



日焼けやシミの原因になる

紫外線で、


夏場に降り注ぐ量が増えて秋冬は減少します!






冬場に注意したいのは…!!





波長が長く

肌の奥まで到達し



シワ、たるみの原因となる





UVA






年間を通して量があまり変わらず



さらに

ガラスを通して室内にも入ってくる


というではありませんか~~





















紫外線は目に見えず


熱を感じることもないので




冬場はつい

油断してしまう…





というお声もよくお伺いしています!









しかし!!








日焼け止めを塗らないと



UVA




確実に肌へダメージを与え


確実にシワたるみを深刻化させてしまいます









日焼け止めでも下地でも、


UVカット効果のあるアイテムを

必ず塗るようにしましょう




















ここで


日焼け止めを選ぶ目安を♡









日常紫外線の場合、



夏場はSPF35程度・PA+++以上

冬場はSPF20程度・PA++以上。




特に冬には、

UVAをカットする

PA値を意識して選びましょう♪





mini★MEMO★


リゾートでは夏と同様にスキーや登山など、

冬でもアウトドアでは夏と同様、SPF50(または50+)

程度・PA++++以上の日焼け止めを使って。


長時間浴びる紫外線や、雪の照り返しによるダメージを

防いでくれます。





◆参考◆

提供:美容皮膚科ウォブクリニック中目黒

高瀬院長書籍より



4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示